2016年度論文募集について【締切延長・1月末締切】

2016.12.05 会員発信

学会誌「論考 建築設計」

「論考 建築設計」は、年1回発行され、学術性の基盤の上に、独創性・新規性・発展性ある建築設計に関わる学術論文、学術報告の投稿を受け付けています。

2016年度 論文募集要項

2017年4月発行の「論考 建築設計」02号に掲載される論文を、下記の要領によって募集します。
2016年1月31日(締切延長)までに必要な資料を提出してください。

応募条件

本学会員に限ります。
(学会員以外の方は、事前に入会申込をしてください)。

スケジュール(創刊号のみ)

2016年1月31日
応募締め切り
2017年2〜3月
査読期間(採否決定)
2017年4月
「論考建築設計」発行

掲載条件

  • 当学会の投稿に関する下記の規程を満たしていること。
  • ・査読付き学術論文の場合は、査読委員の3名の過半数の審査を経て掲載が妥当と認められること。
  • ・学術報告の場合は、査読を経ずレイアウト等の微調整をしていただき掲載されます。
  • ・(査読の有無、掲載の可否にかかわらず)1編につき投稿料(2万円)をお支払いいただくこととします。

論考の種類

①査読付き学術論文と②研究報告(査読なし)の2本立てとし、幅広い論考を集めます。
学術論文、研究報告にかかわらず、投稿にあたっては、下記の点に留意してください。

  • ・過去の研究への言及と、従来の研究の流れの中での自己の研究の位置づけ、独自性が明確になっていること。
  • ・論証や実証に必要な文献・資料の参照が行われていること。
  • ・歴史的事実等については、事実が正確であるかどうかの確認を行っていること。
  • ・応募する論文は未公表のものであること.また、他の学術誌等への投稿の予定がないものに限る。

必要資料

  1. (1) 募集要項

    募集要項をよく読み論文を執筆してください。

    募集要項ダウンロード(PDF 100KB)
  2. (2) 登録票

    下記より書式をダウンロードして作成してください。

    登録票ダウンロード(PDF 68KB)
    登録票ダウンロード(Excel 16KB)
  3. (3) 論文フォーマット

    下記より書式をダウンロードして作成してください。

    フォーマットダウンロード(PDF 250KB)
    フォーマットダウンロード(Word 147KB)
  • [注]・指定のフォーマット以外の形式は認められません。

執筆要領

  1. (1) 原稿

    • ・原稿は、版下原稿のオフセット印刷を予定している。レイアウトは、当会HPから、書式フォーマットのデータをダウンロードの上、上書きする状態で原稿を作成のこと。
    • ・査読付き学術論文、研究報告ともに、ワードファイル(doc、docx)で作成した本文データを編集委員会にメールで提出すること(データ容量は10MB以内とする)。
    • ・いずれの場合も登録票(上記よりダウンロード)に必要事項を記入の上、原稿とあわせて提出すること。
    • ・査読付き学術論文、研究報告の図表は、そのファイル形式はJPEG、TIFF等の一般的なものとし、解像度や画像サイズ等を適切に設定すること。
  2. (2) 原稿の分量

    本文、図版、図表、注等をすべて含めて、刷り上りで4〜6頁程度

  3. (3) 図・表のレイアウトなど

    図版はモノクロームとし、位置の指定、大きさ、レイアウト、必要なトリミングなどはすべて執筆者が行うこと。図版などの著作権の問題があると思われる場合は、執筆者自身が事前に許可をとっておくこと。当学会は、著作権についての責任は負わない。

原稿等の送付先・お問い合わせ

日本建築設計学会事務局内 「論考 建築設計」編集委員会
〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1 大江ビルヂング 412号室
office@adan.or.jp
(メールの件名は【設計学会】応募論文としてください)