BÊKA & LEMOINE「Living Architectures」上映会+シンポジウムが京都国立近代美術館で開催【6/2-6/3】

2018.05.16 イベント

ヴィラ九条山に滞在中の映像作家Bêka & Lemoineの作品「Living Architectures」(生きている建築)シリーズの上映会とシンポジウムが京都国立近代美術館で開催されます。

本邦初演の「Moriyama-San」(西沢立衛氏設計「森山邸」の映画)をはじめとする映像作品を連続上映し、建築家らを交えディスカッションします。

チラシはこちら→download

開催情報

日程2018年6月2日(土)〜6月3日(日)
会場京都国立近代美術館 講堂
京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
プログラム6月2日(土)上映会+シンポジウム
 15:00  挨拶 竹山聖(京都大学)
 15:15  上映「Moriyama-San」 日本語字幕あり
 16:30  ディスカッション 通訳なし
      登壇 :Ila Bêka and Louise Lemoine
          トーマス・ダニエル(京都大学)
      まとめ:本橋仁(京都国立近代美術館)、竹山聖
      司会 :小見山陽介(京都大学)
 17:30  休憩
 18:00  上映「Koolhaas Houselife」 日本語字幕あり

6月3日(日)連続上映会(英語字幕あり、日本語字幕なし)
 09:30-11:05  「Homo Urbanus」
 11:20-12:50  「24 Heures sur place」
 13:35-15:00  「The Infinite happiness」
 15:15-16:45  「Barbicania」
料金無料
主催京都大学工学研究科建築学専攻 建築設計学講座生活空間設計学分野
京都大学工学研究科建築学専攻 建築史学講座国際建築批評学分野
ヴィラ九条山
共催日本建築設計学会
京都国立近代美術館
後援アンスティチュ・フランセ日本