アジア建築学生サマーワークショップの記事が新聞に掲載

2016.07.13 イベント

サマーワークショップ_0629_ja-1

掲載情報

ワークショップの成果を、地元新聞に掲載していただきました。

『県民福井』 2016年8月27日号

2016.08.27_県民福井

スポンサー様へ

アジアでの建築業界の交流をさらに推進することを目指し、ワークショップをより充実したものとするため、ご協力いただける企業・団体を募集します。
詳しくは、チラシ([日本語]
[英語]
)または以下のページをご参照ください。

 

第1回アジア建築学生 サマーワークショップ 

アジア建築学生サマーワークショップとは

日本建築設計学会は、アジア建築新人戦や、国土交通省の支援によるアジアにおける建築基準法に関する調査を通して、建築家と建設市場の流動性をアジア全体で高める試みを進めています。さらに、英語で最先端の建築教育を行う学校である3A (Architects Academy Asia)を大阪に設立する構想を進めており、アジア各国の優秀な学生を集め、アジアのスター建築家を輩出するとともに、アジア全体にわたる人材の連携と日本の技術の普及を目指しています。こうした試みの一環として、3A開校準備のための第一回アジア建築学生サマーワークショップを2016年夏に大阪と鯖江で開催します。日本を代表する建築家や第一線で活躍する若手建築家が直接指導を行い、ものづくり交流や住民との生活交流を通して地域性に根ざしつつも新しい感性を開く空間デザインの可能性を探ります。アジアでの建築業界の流動化をさらに推進することを目指し、ワークショップをより充実したものとするため、ご協力いただける企業・団体を募集します。 

特徴

・日本を代表する建築家による指導
・アジア12カ国の大学との連携のもと、20名程度の熱意ある優秀な学生が参加
・大阪では設計事務所や有名建築物を見学する機会を設ける
・鯖江では伝統的な民家に宿泊し、現地の職人とのものづくり交流を行う

 

開催概要

会期2016年8月18日 – 8月29日(12日間)
開催場所大阪 福井県鯖江市
参加人数アジア各国の大学で建築を学ぶ優秀な学生10~15名程度(各大学の教員による推薦)
参加費用自国から大阪までの航空運賃のみ自己負担。日本での滞在費、活動費は主催者が負担。
協賛金一口10万円
主催日本建築設計学会 アジア建築学生ワークショップ実行委員会

 

参加予定教員

日本を代表する建築家や第一線で活躍する若手建築家が直接指導を行う。

スタジオマスター森田一弥(建築家|森田一弥建築設計事務所代表)
梅原悟(建築家|UME architects)
スタジオマスター
|ディレクター
堀口徹(建築批評家|近畿大学専任講師)
ゲストレクチャラー遠藤秀平(建築家|神戸大学教授)
竹山聖(建築家|京都大学教授)
倉方俊輔(建築史家|大阪市立大学准教授)
コーディネーター林陽一郎(建築家|NAAD)
竹口健太郎(建築家|アルファヴィル一級建築士事務所)

 

 

The 1st ASIAN ARCHITECTURE STUDENT SUMMER WORKSHOP in OSAKA & SABAE

What’s ASIAN ARCHITECTURE STUDENT SUMMER WORKSHOP ?

“The 1st Asian Architecture Students Summer Workshop in Osaka & Sabae” is the first workshop organized by Architectural Design Association of Nippon (known as the organiser of “the Asian Contest of Architecture Rookie Award”) as part of its broad educational projects encouraging Asian architectural communities especially university students who are studying architecture and urban design throughout Asia Pacific region. This workshop will be a great opportunity for architecture students in Asia to learn spatial design technique and thinking intensively from the leading Japanese architects and also through the interaction with traditional material productions. The workshop will take place in two locations, the city of Osaka, one of the largest metropolis in Asia, and the traditional craftsmen village of Sabae in Fukui Prefecture, which is facing the new frontier issues related to the shrinking population and the aging society. The students will work on a design project in a one-week intensive collaboration.

ABOUT

会期August 18th – 29th, 2016(12 days)
SiteOsaka / Sabae, Fukui
Participants15-20 architecture students from all around Asia.
Special SponsorArchitects Studio Japan
OrganiserThe Asian Architecture Students Summer Workshop in Osaka & Sabae Committee,
Architectural Design Association of Nippon (ADAN)

 

LECTURERS

The leading Japanese architects will lead the studio.

Studio MastersMORITA Kazuya (Architect, Kazuya Morita Architecture Studio)
UMEHARA Satoru (Architect, UME architects)

Studio Master
/director

HORIGUCHI Tohru (Architect, lecturer at Kindai University)
Guest LecturerENDO Shuhei (Architect, Professor at Kobe University
TAKEYAMA Kiyoshi (Architect, Professor at Kyoto University)
KURAKATA Shunsuke (Architectural Historian, Associate Professor at Osaka City University)
coordinatorHAYASHI Yoichiro (Architect, NAAD)
TAKEGUCHI Kentaro (Architect, ALPHAVILLE Architects)