沖縄の第32軍司令部壕の保存・公開を求める会について

2022.08.26 会員発信

会員 福村俊治氏より、第32軍司令部壕の保存・公開を求める会についてのご案内

第32軍壕は何故保存・公開しなければならないか。 それは、 その壕の中で沖縄戦の戦略・戦術が練られ、 沖縄の運命を決定づけたからである。 つまり、 沖縄戦の実相を後世に正しく継承するという意味において、 司令部壕の保存・公開は大きな意義がある。 我々は、 あの悲惨極まりない沖縄戦を決して忘れてはいけない。 風化させてはいけない。 水に流してはいけない。アブラハム・リンカーン大統領は、あの有名なゲティスバーグでの演説で、「87年前、 我々の祖先は、 人間はすべて平等であるという理念を掲げこの国を「建設した」 と建国の精神を宣言した。 我々は、 沖縄戦が終わって77年の今、 第32軍壕の重要性を論じ、 保存・公開を求めるのは、大本営の配下にあった第32軍牛島司令官、 長参謀長あるいは八原高級参謀を礼賛するためではない。 我々は第32軍壕を平和発信の砦にしたいし、 人間性を守る砦にしたいからである。1996年大田昌秀県知事は、 第32軍壕の保存・公開検討委員会を立ち上げ、 私は、その会長を引き受けた。 幾度か会議を重ね実際に壕の中に入り調査をし、計画書を作成して知事に提出した。 司令部壕そのものを平和学習の場にすると同時に、県内外・国外にも平和を発信する場でなければならない、と答申したが25年過ぎた現在いまだに実現されずにある。1999年、ワイツゼッカー元ドイツ大統領が名桜大学でテイーチ・イン(学内討論)をした。 彼は、 「過去に目を閉ざす者は現在に盲目である。 そして同じ間違いを犯す。」 と警告を発した。 「沖縄は東アジアの中心にあり、 沖縄から平和を発信しなければならない。 沖縄だからこそ説得力がある。」と訴えた。
かつて沖縄は、 琉球王国という南海に浮かぶ蓬莱島、 すなわち楽園 (パラダイス)であった。 しかし、 沖縄戦によってその楽園は失われた。 我々はその失われた楽園を回復するために、 沖縄戦の中枢をなす第32軍壕について学び、 その保存・公開を実現し、 恒久平和の構築に貢献したい。
皆さんの一層のご理解とご支援を期待してやみません。   会長 瀬名波 榮喜


世界の負の遺産 保存・公開を求める会のメンバー代表三役
会長 瀬名波 榮喜 (名桜大学名誉学長)
副会長: 垣花 豊順 (琉球大学名誉教授)
副会長: 高山 朝光 (元沖縄県知事公室長)

保存・公開を求める活動へのご協力をお願いします
会員募集・支援金寄付のお願い
保存・公開を求めるの活動に参加いただける会員を募集しております。 (年会費2000円) 会員には会のイベント告知や活動報告をさせて頂いております。
支援金は第32軍司令部壕保存・公開を求める会の活動費用に充てさせて頂きます。 支援金は1口1000円から何口でも結構です。
何卒ご協力をお願い致します。
琉球銀行: 首里支店普通口座番号0651516
沖縄銀行: 鳥掘支店普通口座番号 1443022
沖縄海邦銀行: 首里支店 普通 口座番号0646398
ゆうちょ銀行 記号17060 番号18847371
第32軍司令部壕の保存・公開を求める会連絡先
TEL : 080-6499-5356
mail:32shuri@gmail.com
沖縄 : 第32軍司令部壕 HP: http://www.32shuri.jp