第2回日本建築設計学会賞の会員投票が実施されます【10/1-11/13】

2017.09.11 会員発信

8月4日まで応募が受付された「第2回日本建築設計学会賞」の会員投票による選考が実施されます。これは受賞6作品(うち大賞1作品)のうち最大2作品を、選考委員による選考とは異なるプロセスによって選出するものです。8月末現在の全会員が投票権をもち、事前に書類審査を通過した作品に対して1票を投票します。

前回の「第1回日本建築設計学会賞」では、応募された全作品(約150作品)が投票の対象でしたが、今回は事前に選考委員によって対象となる作品が選ばれました。またWEB上に専用の作品閲覧ページ及び投票ホームを新設し、多くの会員が円滑に選考・投票に参加できるようになりました。

詳細は、全会員に個別に案内されます。

【期間】2017年10月1日~11月13日
【投票権】2017年8月末日現在入会済の日本建築設計学会 会員 各1票
【投票対象】書類審査を通過した22作品
【投票方法】専用の作品閲覧WEBサイトで選考後、同サイト内のフォームで投票
【会員投票による選出数】最大2作品(原則として得票数上位の作品)