山田幸司賞のお知らせ

2019.07.21 イベント

●山田幸司賞の創設と応募のお知らせ

 山田幸司(1969-2009)は、地方都市に拠点を構え、CADを用いたディテールの探求と、師‏・石井和紘が得意とするポストモダンと、ハイテクをアレンジしたデザインを武器にした建築家でした。流行に迎合せず、ともすると有名大学の出身者が幅を利かせがちな建築界に、鋭く斬り込みました。ここから本人も好んだ「ディテール侍」という呼び名が生まれました。さらに、ネットで音声配信する建築系ラジオという媒体の誕生は、彼の魅力的な語り口なしには考えられませんでした。建築を学ぶ機会は、大学や東京や流行を引っ張る雑誌にだけあるのではなく、地方やネットなども含めた広い間口をもっているはずなのです。

 そこで、彼の功績を記念し、山田幸司賞を創設することにしました。この賞は、幅広い学歴や多様な経歴から未来を切り拓く建築人を応援するためのものです。つまり、「山田風」のデザインを取り上げたいのではなく、彼の生き様と響きあう建築家に出会い、顕彰したいのです。山田幸司賞は、自薦・他薦を問いません。メディアの可能性をかつて広げた建築系ラジオのメンバーを含む審査員が、ポートフォリオを審査した後、受賞者を1名(組)決定します。表彰式では賞状と副賞20万円を授与した後、同日に講演会を開催し、受賞者を囲んだ懇親会を行います。なお、本賞は建築系ラジオの貯蓄を原資とし、2年に1度開催し、5回継続する予定です。

 

*提出物

・履歴書

・作品や活動を説明するポートフォリオ

・推薦文(自選・他薦のいずれも可)

 

*提出先

・以下の住所に上記の提出物を郵送してください。

 〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-06

 東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻

 都市・建築デザイン学講座 五十嵐太郎宛

 

*締切 2019年7月28日

 

*審査方法

・8月に建築系ラジオのメンバーその他による選考を行う。

 

*表彰式と講演会

・大同大学(名古屋市南区、詳細は後日発表)

 

締め切り間近ですが、皆様からのご応募お待ちしております。

参考URL

https://igarashi-lab.tumblr.com/